ありがとうございます   酒は百薬の長   てのひら造り   支えられて生かされる

 ●微生物との響き合い
 発酵が進み、ブクブクと泡立つタンクの中はまさに微生物のパラダイス。そんな微生物のパラダイスは実は人間1人1人のお腹の中にも存在します。お腹の中にいる微生物の数はなんと100兆個以上。人間1人の細胞の数60兆個だから、それをはるかに上回る数の菌がお腹の中に住み着いている計算です。
 生命力あふれるお酒を飲むということは、その無限ともいうべき微生物に喜んでもらうということ。
 微生物がイキイキ・ワクワクしだすと、楽しい波は楽しい波を呼び、自然と引き寄せあい、ますます楽しくなっちゃってどんどん楽しいが集まってきちゃうのではないでしょうか。響き合うとは、そういうことかもしれません。
 人も自然も微生物も、生命あるものもないものも、嬉しき・楽しき・有難きの幸せの想いは心地いい。心地いい場で響き合い、響き合うことで幸せは、足し算ではなく、何倍もの掛け算になっていきます。
 そんな楽しい響き合いの「わ」はとっても簡単。なにがあってもどこでも楽しんじゃえばいいんです。私たちのお酒造りは、そんな想いをこめ、唄を唄い、私たち自身が嬉しき、楽しき、有難きで、仕事をする、ということを大切にしています。
 私たちが発信した幸せの波は、創業以来ずっと蔵のどこかに住んでいるたくさんの微生物に届き、私たちの想いと微生物が響き合ったとき、素晴らしいお酒を醸し出してくれるのでしょう。
 微生物の生き方を、思念を離れて静かに観察するとき、人間社会とは異なった世界に気づかされます。
 微生物が私たちに伝えようとしているのは、自然の摂理にそして叡智の世界からのメッセージに素直に反応していくということだけなのでしょう。お互いに支え合いながら、助け合いながら、共生していく微生物の世界を、人間も見習うとひとりでに「発酵場」になっちゃうよと教えてくれます。
 与えられた環境条件の中で、今をあるがままに手放して生きている。いっぴきいっぴきが「自分らしく」「楽しく」「仲よく」生きている世界です。運命の全てが見えない大きな力と切り離しようもなく、つながっていることに気づいているのでしょう。お酒造りも知識や情報だけでは限界があります。
 人間脳を超えた叡智を元に、微生物と響き合いながらのお酒造り。見えない大きな力が見えない小さな力に働きかけている不思議な世界です。
 宇宙エネルギーを微生物がどれだけ取り込んでいくか。取り込めば取り込む程、生命の力が宿った奇跡のお酒が醸し出されるに違いありません。
 微生物の声に耳を傾け、その響きを感じながら、微生物と向き合っています。造り手の意識と呼応するように。喜んでいただいて生かされる。すべてはひとつ。「感謝と喜び」「愛と光」があふれ出す。
 ひょっとすると、今はまだ眠っている微生物もいて、私たちがもっともっと楽しく響き合うと、それが合図で、ある日むっくり起き出し、ますます美味しい「百薬の長」たるみなさんのお役に立つお酒造りに参加してくれるのかもしれません。そうなったらどんなお酒ができるのか。造り手である私たちもとても楽しみです。
 響き合いの波は醸し出されたお酒にのって、みなさんのもとへと届きます。
 世界の隅々まで、ご縁をいただいた皆さんと一緒に、嬉しき・楽しき・有難きと響き合えば、幸せの「わ」はいっぱいに広がっていくことでしょう。



ありがとうございます   酒は百薬の長   てのひら造り   支えられて生かされる


Copyright(C)2001-2012 TERADA HONKE CO.,LTD. All rights reserved