寺田本家の酒粕は一貫した自然造りから生まれた、昔なつかしい本物の味がします。
原料のお米は無農薬の自然栽培米、仕込み水は蔵内に湧き出るお水を使い、製造工程中には添加物はもちろん、人工的に培養された菌も添加しません。蔵内に生きている菌達が、蔵人達の酒屋唄を聴きながらイキイキと働いて醸されてきたものです。
 酒粕に含まれる多糖類やオリゴ糖、アミノ酸類、ペプチド類は天然保湿因子とも言われ、美肌・美白効果もあり、食べるだけでお肌がしっとりしてきます。豊富な食物繊維、小さな菌達やその産み出してくれた成分とともに腸の中をきれいにお掃除して、体の内側から美しく健康になっていきます。酒粕の可能性はまだまだいっぱい。
パン作りのパン種(新しい粕)や、酒粕と菜種油を合わせればチーズ風味の素材ができるし、酒粕とお味噌を合わせれば美味しい漬け床の出来上がりです。
体にも心にもやさしい酒粕、お料理にお菓子作りにと、いろんなアイデアでお試しください。

発芽玄米酒粕「にぎり酒」「醍醐のしずく酒粕」「自然酒酒粕(板粕)五人娘「大吟醸の酒粕」
酒粕の保存と賞味期限

トップページへ
寺田本家の天然麹(こうじ)はこちらから
発芽玄米酒粕 『にぎり酒』 300g入  270円(税込)
玄米の粒々の酒粕です。
酸味があり
甘酒・粕汁にはむきません。
酵母ジュース、クラッカーなどに
おすすめです。

 
一時的売り切れ。次回未定。
むすひ
(musubi)の
酒粕です

酒粕は昔から「握り酒(にぎりざけ)」と呼ばれたいへん珍重されていたそうです。
「むすひ」は生きたお酒で、その絞り粕である「にぎり酒」の中にも、たくさんの乳酸菌や酵母菌、こうじ菌の生命や生み出されたものが集まっています。
「むすひ」はとても個性的な味わいの酒ですが、その酒粕「にぎり酒」も従来の酒粕とは違って、酸味が強く、独特の香りがあります。そのまま食べても美味しいですが、うまみ成分がたくさんありますので、お料理に使うととてもおいしくなります。
自由な発想、色々なアイデアでお料理やお菓子づくりにもお使いください。
酵母が生きていますのでパン作りにもお使いいただけます。



『醍醐のしずく酒粕』 500g入 432円(税込)
こちらはどぶろくの酒粕です。
酸味がありお米の粒がまだ多く
溶け残っていて、
通常の板粕とは異なるため
甘酒・粕汁にはむきません。
ホワイトソースやクラッカー他
お菓子づくりにもおすすめです。


一時的売り切れ。次回未定。

醍醐のしずくの
酒粕です

鎌倉時代頃のどぶろくの造り方・菩提もと仕込みを再現して醸した「醍醐のしずく」の酒粕です。酒袋に入れてしぼっていますので、形は大小さまざまなかたまり状になっています。約2週間ほどでできるお酒ですので、酒粕には蒸米や麹の粒が残っており、乳酸菌や酵母菌などの微生物たちが生きています。
自然酒(五人娘や香取)酒粕と比べると酸味があり、やわらかい味わいの酒粕です。お料理やお菓子作りはもちろん、パン作りに最適。「にぎり酒」よりも少しソフトな感じの仕上がりのパンができます。ぜひお試しください



季節限定商品   自然酒酒粕(板状の酒粕)  500g入 432円(税込)
 


冬季のみの限定商品
次回平成29年(2017年)
2月〜3月予定。

 
※甘酒や粕汁におすすめの酒粕です。
 自然酒の酒粕は寒仕込みに入り、新酒をしぼりはじめる毎年2月頃にお届けしております。
ゆっくりと時間をかけ、自然造りで醸した酒の酒粕は、いろいろなビタミンや各種有用菌・アミノ酸等がふんだんに含まれています。
そのままさっと焼いて食べていただいてもおいしいですし、もちろん粕汁や甘酒、味噌粕漬けなどいろいろにお使いいただけます。
オリーブオイル・塩と混ぜてパンにのせ、こんがり焼くと、不思議にチーズっぽい味わいが楽しめます。
和風だけでなく、グラタンやシチューなど洋風のお料理にもお使いください。


NHK“ためしてガッテン”酒粕特集で
ご紹介いただきました。
 ためしてガッテンHPはこちら
≪自然酒酒粕(白米の板粕)は“冷凍保存”がおすすめ≫
“自然酒酒粕”で一年を通じて甘酒・粕汁を楽しみたい”という場合は、はじめから冷凍保存がおすすめです。
●酒粕を使いやすい量に小分けしてラップで包み(乾燥を防ぐ為)ビニール袋またはチャック付きの袋に入れて冷凍保存します。できたての風味そのままに、一年を通じておいしい甘酒・粕汁が楽しめます。どうぞお試しください。
*使う時は前日に冷蔵に移しておくか、常温での自然解凍がおすすめです。



 季節限定商品 昔ながらの槽しぼり 『大吟醸の酒粕』 300g入 432円(税込)


 
大吟醸酒仕込みのある年の
冬季3月頃のみ限定商品

次回は平成30年(2018年)3月予定。

※平成29年(2017年)3月の販売は
ございません。
五人娘
大吟醸酒の
酒粕です

※甘酒や粕汁におすすめ

昔ながらの槽(ふね)で酒袋に入れてしぼりました。
 ややしっとりとして甘みがあり芳醇で贅沢な味わいの酒粕です。溶け残った米や米麹の粒も入っています。まずはそのまま食べて味わってみてください。
 使い方は自然酒(五人娘や香取)酒粕と同じ、甘酒・粕汁酒・粕漬やグラタン・トーストなどいろいろにお使いいただけます。

※『大吟醸の酒粕』はアルコール分が多めに残っておりますので、お酒の弱い方、運転前、お子様はご注意ください。



発芽玄米酒粕「にぎり酒」「醍醐のしずく酒粕」「自然酒酒粕(板粕)五人娘「大吟醸の酒粕」
酒粕の保存と賞味期限
寺田本家の天然麹(こうじ)はこちらから
| トップページへ

Copyright(C)2001-2017 TERADA HONKE CO.,LTD. All rights reserved