“23代目 寺田啓佐の想い”はこちらから

 寺田優。24代目当主。大阪生まれ。
 かつてカメラマンをしていたが、寺田本家に
 婿入りし酒造り修行中。facebookで写真とと
 もに酒蔵の様子を紹介している。
 「寺田本家で無添加でお酒を造るのも無農
 薬の原料米を使うのも、そのほうが楽しいか
 らです。手造りにこだわるのも、造っている僕たちがそのほうが
 ワクワクと楽しいからです。正しいことよりも、楽しいことを選ぶ
 と、自然と本物へと近づいていくってことですね。発酵するって楽
 しいほうへどんどん変わっていくことなのかも知れません。」


 大野考俊。杜氏。横浜生まれ。2児の父。
 九州の酒蔵で勤めた後、寺田本家で酒造り
 をはじめる。
 「生もと造りは先人の英知の結晶です。微力
 ながらその知恵を吸収して酒造りに取り組ん
 でいきたいと思います。酒造りと子育ては、
 自分ではどうにもできない、気候とか機嫌という大いなる自然を
 受け入れながら最善を尽くす、という点で一緒だなと感じます。
 それを同時に経験できる今を大切にしていきたいです。」

 塩谷 哲志。蔵人。
 片道1時間の道のりを毎日通っています。
 「“和醸良酒”仲良くすることが良いお酒を醸
 すと思います。」いつも蔵からは大きな笑い
 声が響いています。

 市川 太朗。蔵人。
 こうぼ食堂のマスター。微生物と対話でき
 ちゃう酵母王子です。「発酵食が大好きで
 す。これからもおいしいお酒を皆で醸して
 いけるように頑張ります!」


Copyright(C)2001-2016 TERADA HONKE CO.,LTD. All rights reserved